新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/08(火)23:59
えのすいでは昨年4月23日に「相模の海ゾーン」がリニューアルオープンし、いくつかの新規の水槽が設置されました。
その中から季節来遊魚水槽にスポットを当て、スタートから現在までこの水槽を彩ってきた魚たちを特集します。

新江ノ島水族館(えのすい)相模の海ゾーン季節来遊魚水槽

トゲチョウチョウウオ(棘蝶々魚)
[学名:Chaetodon auriga][英名:Threadfin butterflyfish]

相模の海ゾーンの2階踊り場に新登場した季節来遊魚水槽は、そこだけ浮かび上がるように演出された円筒形の設計がとてもインパクトがあります。

「季節来遊魚」とは南の海から海流に流されてやってきた魚たち。なので、ちょっと相模の海には場違いな感じがする熱帯魚のような仲間が多いのが特徴です。
その代表がチョウチョウウオたち。

新江ノ島水族館(えのすい)チョウハン

チョウハン(長範)[学名:Chaetodon lunula][英名:Raccoon butterflyfish]

チョウハンはスタート当初からのメンバーで体も大きく、なんとなくこの水槽のリーダー的存在。現在でも、常に元気が良く目立ちます。

英名のRaccoon butterflyfishは直訳すると「アライグマ蝶々魚」です。そう言われれば、顔の模様がアライグマっぽいけど、熱帯魚とミスマッチで逆にいい感じ。

新江ノ島水族館(えのすい)アケボノチョウチョウウオ

アケボノチョウチョウウオ(曙蝶々魚)
[学名:Chaetodon melannotus][英名:Blackback butterflyfish]

アケボノチョウチョウウオもスタートから現在まで活躍中。
体は小さく動きも目立ちませんが、地味というよりおしとやかとか可憐とかの言葉が似合う美しい魚です。



残念ながらトゲチョウチョウウオは現在展示されていません。
その他の魚に関しても順を追って紹介していきます。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※現在展示されていない生物も含まれます。展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2695-05f2563c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/04(金) 09:11:22 |
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。