新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/05(土)23:59
えのすいの深海コーナーでも極端に好き嫌いが分かれる生物たち。

↓「ダイオウグソクムシ」と「オオグソクムシ」(深海の大型ダンゴムシ)の写真です。
人によってはグロと感じる場合があるかも知れませんのでご注意ください。
その旨、ご了承の上でご覧ください。クリックすると拡大します。


新江ノ島水族館(えのすい)深海ダイオウグソクムシ

ダイオウグソクムシ(大王具足虫)[学名:Bathynomus giganteus][英名:Giant isopod]

たまにはダイオウグソクムシの顔をアップで。
一時は5匹まで増えましたが、現在は2匹。それでも圧倒的な存在感。

最近は奥を向いて顔が見えないことも多かったんですが、久しぶりにアクリル面の前に顔を出してくれました。
せっかくなので、サングラスを掛けたような目が印象的な個性的な顔立ちを、存分にご覧になってください。



新江ノ島水族館(えのすい)深海オオグソクムシ

オオグソクムシ(大具足虫)[学名:Bathynomus doederleini]

こちらも超グラサンルックのオオグソクムシ

30cm級のダイオウグソクムシと比べちゃうと、どこが「大」グソクムシなの? と思ってしまいがちです。しかし、基準をダンゴムシとして考えると、10cmもあればとてつもなく大きいことに気付くはず。

オオグソクムシは日本最大。ダイオウグソクムシは世界最大。

新江ノ島水族館(えのすい)深海オオグソクムシ

違った意味でダンゴ状態。
こういうワサワサしたようなところがキモいと思う方も少なくないのでは。

オオグソクムシはたまにキモいと思うことはありますが、ダイオウグソクムシは逆に大き過ぎて全然キモいと感じません。不思議。

ダイオウグソクムシ全記事

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2686-e2602e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。