新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/27(日)21:00
2011年02月の「えのすい」テーマ水槽:
フグの日~フグってなぁに? その7


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ハリセンボン

ハリセンボン[学名:Diodon holocanthus]

世界中の温帯・熱帯域に生息する超有名な魚のハリセンボンも、フグの仲間に所属。

ハリセンボンというと丸く膨らんでイガグリのようにトゲを逆立たせる姿の印象が強いですが、これは敵から身を守るための非常手段で、体にも大きな負担がかかるため気軽にできるわけではありません。
なので、安心して暮らしている水族館で見られることはほぼなし。
普段はスッキリ体型でトゲも寝ています。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ハリセンボン

膨らんでいないからといって、ガッカリすることはありません。
実は通常時の顔がかなりかわいいので、むしろそちらを一押ししたいくらい。
トゲトゲしいイメージとは正反対のあどけない表情をしています。

そしてフグの仲間でありながら、ハリセンボンのグループはみんな無毒なんだとか。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ハリセンボン

名前を漢字にすると言うまでもなく「針千本」ですが、実際に生えているトゲは400~500本。おおよそ倍とかなりサバを読んでますが、とにかく多いことには間違いないわけだし、語呂もいいから特別に許可。
このトゲはウロコが変化したものなんですって。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2661-ff7657db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。