新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/24(木)21:00
えのすい「暖かい海ゾーン」の珊瑚礁水槽に潜りながらお掃除中!

新江ノ島水族館(えのすい)ツマグロ仔、コバンザメ

来たる3月5日は「サンゴの日」なので綺麗にしておかないとね。
もちろん、水族館では水槽をどのように掃除しているのかを見てもらうのを兼ねて、お客さんがいる時間にわざとやっていると思います。

ここにはサメのツマグロが2匹いますが、人は襲わない種類なので安心。ましてや昨年6月に生まれた子どものサメですから。

ん!? ちょっと待って! 背後のツマグロの子どもをクローズアップ!

新江ノ島水族館(えのすい)ツマグロ仔、コバンザメ

小さいコバンザメがくっついてる!
このツマグロは結構小さいので、当然ながらコバンザメも小さいです。

それにしても、ツマグロの子どもは鼻先が削れてしまって痛々しい。

新江ノ島水族館(えのすい)ツマグロ仔、コバンザメ

小さいといっても以前「発見の小窓」水槽に登場したヒシコバンや、相模湾キッズ水槽に短期間登場したクロコバンではなく、ストライプが入っているので普通のいわゆるコバンザメ、しかも子どもではないかと思います。

もうちょっとコバンザメが小さい方がバランス的には良さげ。
ツマグロも邪魔で泳ぎにくそうで、前より体を大きく動かしています。
小さい同士で一緒に泳いでる様子は、背伸びして大人の真似をしている子どもたちといった感じで面白い。

新江ノ島水族館(えのすい)ツマグロ仔

どうせならこっちの大きいツマグロの子どもにくっつけばいいのに。
ワルそうにスクスク成長中。

2匹生まれたツマグロの子は、片方は泳ぎがヘタなのか鼻先がキズになってどんどん削れちゃってます。それだけでなく、もう片方より体が小さい。基本的に不器用なのかな。
鼻先には、海底の魚の居場所も探知できる高性能センサー器官が内蔵されているので、ちょっと心配。


ツマグロ[学名:Carcharhinus melanopterus][英名:Blacktip reef shark]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2653-8940ba79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。