新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/12(土)23:00
えのすいペンギンプールでは繁殖シーズンで、卵を温めているペンギンたちがいます。
右側の巣箱にいるのはフンボルトペンギンハク□♀とジャンボ■♂のペア。
(四角はタグの色。タグ=翼の付け根の色違いの識別標)

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのトップ、ハク、ジャンボ

そこへやって来たのがトップ♂。やっぱり体が大きいです。
ジャンボにもハクにも思いっきり警戒・威嚇されます。
ハクが温めてる卵が気になるんでしょうか。それとも仕切りの向こうの子どもたち?

フンボルトペンギンのオスはジャンボトップだけのため、実質的にペンギンプールの二強と言えるのかもしれません。
仲良くしろとは言わないが、えのすいのペンギンプール繁栄のためにも、不必要な争いはせずにいいライバル関係でいて欲しい。

さすがのジャンボも相手がトップだと、いつもやってくるセサミを追っ払うほど簡単にはいきません。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのトップ、ハク、ジャンボ

あっという間に黒山のペンギンだかり。ジャンボハクの娘のコハクも心配なのかしょっちゅう駆けつけてくれるんですが、子離れしている両親にあまり構ってもらえないのがちょっと不憫。

上の娘のグーなんかは親離れしてるので全然来ないですが、むしろそちらの方が自然なんだと思います。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのユメ

そして仕切りの向こうにいるジャンボハクの一番下の子どものユメも、そんな大人たちの動向が気になります。

もう1羽の子どものメロディーは、基本的にごはんのことしか気にならない雰囲気。



新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのルビー、サニー、トップ

そしてもうひとつの巣箱の前を通りがかると、こちらも案の定ルビーサニーに警戒されて大声を出されるトップ

それだけ、みんなに一目置かれてるんだろうなという気はします。
トップも家庭を持って落ち着いたら、また違うんじゃないかと思いますが、そこら辺がよく分からない。どうなるんだろ。

ちょっと目を離せなくなってきたペンギンプール。ぜひ注目してみてください。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2617-f97e78d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。