新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/01(火)22:00
えのすいイルカショースタジアム奥にあるブリーディングプールから、2歳半のバンドウイルカの女の子ピックについて。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

うん、かわいいね。まだ幼いので子どもらしく全体に小さいんですが、体の一部分だけ水の上に出ているときは大人と変わらないぐらいかなと感じることもままあります。順調に成長中。

歯もちょっと細くて間隔が広いような気がします。
体が大きくなるにつれ、歯も太くなったりするんでしょうか? イルカは人間と違って歯が生え変わるわけではありません。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

バンドウイルカの歯は上下それぞれ各40本ずつの合計で約80本。すべて円形の断面を持つとがった歯で、食べ物を噛み砕くためではなく獲物を逃がさないために使われます。

といっても本数は案外ザックリしていて個体によっても結構な差があるみたい。
ピックも口の先端をアップで見ると、歯茎からかろうじて出てるだけの歯があるので、これを本数としてカウントするのか微妙なくらい。

ハナゴンドウビーナは下顎に6本だけ歯がありますが、上顎にはありません。ハナゴンドウも骨格としては上顎に歯があるらしいのですが、歯茎に埋没していて歯の役割を果たしていません。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

ピックの口は横から見ると直線的ではありますが、先端で下顎が少しだけクイッと上がっています。

お父さんのパルの吻先(ふんさき=クチバシのように細長い部分)は太くて短いし、お母さんのミューは下顎より上顎が長いので、口元の個性ではおそらくえのすいで上位2頭の両親を持っているピック
それにしては思いのほか一般的な形をした口元のピックです。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミュー

こちらがそのお母さんのミューです。
目がギョロッとしていると言われるように、大きく開かれている目。茶色い瞳に見えるんですが、ひょっとしたら充血?

お母さんは目が大きいのに、娘のピックは糸目で瞳がめったに見えないんですよねぇ。
意外に似ていないところもある母娘ですが、もちろん仲良しでピックミューにまだまだ甘えています。ぜひ奥側のブリーディングプールものぞいてみてくださいね。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2583-629b8a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。