新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/31(月)21:00
えのすいの屋外ウミガメプールは水温低下のため、現在ウミガメたちは屋内バックヤードにいます。代わりに相模湾の魚たちの「つくる漁業」を展示中。

新江ノ島水族館(えのすい)ウミガメプール

清掃されて、とてもきれいになりました。
ウミガメたちがいるときはそれほどでもありませんが、寒い時期の魚や海藻の飼育をしているときは、比較的短期間で水底に汚れが沈殿してしまいますので、こまめな掃除が必要で結構大変です。

新江ノ島水族館(えのすい)ウミガメプール、イサキ

イサキ(伊佐幾)[学名:Parapristipoma trilineatum][英名:Chicken grunt])

それではこのプールからイサキを紹介。
刺身や焼き魚など食卓でもおなじみの美味しい魚。流通量も多く、大量に漁獲されるので「つくる漁業」として育てる取り組みも行なわれているみたいです。

イサキの幼魚は、黄色い縞模様がありイノシシの子どものように見えるので「ウリボウ」とも呼ばれます。成長につれ縞は薄くなっていきます。
こちらにいるのは若いけど、子どもではないというぐらいのお年頃。縞は残っていますが、大人っぽい雰囲気。
これからもっと大きく成長していくと思います。

ちなみに背びれを広げるとニワトリのトサカのようになるので、英語の名前に「Chicken チキン」と入っています。また漢字では「鶏魚」と書いてイサキと読ませる表記もあるんだとか。

せっかくウミガメプールもきれいになったことだし、ぜひご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2580-ed076ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。