新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/30(日)23:59
えのすい深海コーナーの「化学合成生態系水槽」で最近になって多数あらわれて目立つ存在なのがオハラエビ

新江ノ島水族館(えのすい)深海オハラエビ

オハラエビ[学名:Alvinocaris longirostris][英名:Alvinocaridid shrimp]

深海の熱水が吹き出る場所に好んで暮らしています。なので、お風呂好きで会津出身の「小原庄助さん」から名前をいただいて「小原海老」です。なんか粋だね。

この界隈では他にも「五右衛門腰折海老」や「湯の花蟹」や「出で湯牛の舌」や「黄泉竃食い蜷」など、お湯にまつわるそうそうたるメンバーが揃っています。
(※現在、展示になっていない生物もいます)

新江ノ島水族館(えのすい)深海オハラエビ

視覚が退化したのと引き替えに、熱源を感知するセンサーを手に入れました。
真っ暗な深海ではその方が妥当なのかもしれませんが、そんな都合のいい話があるのかという感じで、進化って本当に不思議。
頭の中央から突き出たツノの根本左右に丸いものが見えます。これが退化した目なんでしょうか。かなり小さく寄り目な感じ。

そんなオハラエビの仲間が生きた状態で世界初展示されたのが、ここえのすい深海コーナーで2005年のこと。
今世紀ですよ! 現在進行形で飼育しながら研究が進められているところです。
何気なく通り過ぎてしまいそうですが、かなりスゴいんです。
ぜひ足を止めてじっくりご覧くださいね。


JAMSTEC=海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」によって相模湾の水深900~1000mで採集された個体だと思われます。

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
五右衛門風呂経験者
けったいなメンバーが大勢いるんですね!
チムニー由来が小原庄助ですか! 笑
レゴブロックでもチューブワームとチムニーつきの6500が発売されるとか。

あれ英名がっ! 英名ならどうにか読めることもあるし馴染みやすいですもんね!
2011/01/31(月) 00:52 | URL | 蓮の葉 #n3b6WIy6[ 編集]
Re: 五右衛門風呂経験者
蓮の葉様
ありがとうございます。

五右衛門風呂!ヤケドしそうで勇気が要りますよね!
(´Д`;)

チムニー近辺の生物は最近の新種登録も多くて、
わざと競って温泉由来の命名をしているみたいで微妙にアツいです!
いい感じ。
英名はなんか単語が難しそうですよね。
日本名のヌルいニュアンスが出るといいのに。

現在、展示になっていない生物もいるので表記追加します。
すいません。

レゴ・・・スゴい・・・マジで買っちゃおうかな。

コメントありがとうございます。
2011/02/01(火) 23:56 | URL | ゴウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2578-e1a90a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。