新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/29(土)23:00
えのすいペンギンプールでは繁殖シーズン迎えていて、やはり卵が産まれた様子!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ、ハク

右側の仕切り前に巣箱を持つフンボルトペンギンジャンボ■♂とハク□♀のペア。先日まではハクがカゴの中にうずくまって動きませんでしたが、卵を産んでひとまずホッと一息。卵を温める役目をジャンボと交代しています。
(四角はタグの色。タグ=翼の付け根の色違いの識別標)

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハク

一段落でひとまずお疲れ様のハク。久しぶりに元々の縄張りのペンギンプール中央の岩の上でくつろぎます。

だいぶ神経質にもなってたし、心身ともに疲れていて大変だと思いますが、しばし休んでまた大事に卵を育ててください。
2008年のコハクに2010年のユメと近年に集中してヒナを孵しているハク
孵化するのは2月下旬から3月上旬になるでしょうか。



そしてさらにビックリな展開としては、

新江ノ島水族館(えのすい)ペンギンプール

ペンギンプール中央やや右に、もうひとつ巣箱が設置されました!
ここでも卵が産まれたのかな? と思ったんですが、この巣箱を使ってるのが、

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのサニー、ルビー

サニールビー

場所的にはこの2羽の縄張りなので問題ないんですが、サニールビーもメスですし、フリーのオスのトップと仲が良いわけでもないので、卵を産んで温めているのではなさそう。

ですが、サニーがカゴの中から動かない。ただのんびり休んでるだけかなぁ。
まさかハクが2個産んだ卵の片方を預けられて温めてるとか!?



そして、オスのトップが相手としてどのメスを選ぶのかが、ある意味では最大の関心事でやっぱり気になります。
トップは左の岩場の陰になった部分にいて全然出てこないので、なかなか様子を窺うことができません。

モンチさん□やアカリが出入りしたり、コンペイは普通にショーの「ペンギンストーリー」に参加してたりでよく分からない。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのチッチ

そして、なぜか最近この近辺にチッチがいることが多いのも気になる。
う~ん、本当によく分からないや。

新江ノ島水族館(えのすい)ペンギンプール

とにもかくにも嬉しいニュースだし、さらなるしあわせの到来が待ち遠しい感じ。
ぜひペンギンたちを優しく見守ってくださいね。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]
ケープペンギン[学名:Spheniscus demersus][英名:African Penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2574-904d0518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。