新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/25(土)22:00
今日も引き続きジングルベルッ! ヽ(*^∀^*)ノシ

せっかくのクリスマスですから、えのすいイルカショースタジアム奥にあるブリーディングプールで暮らしている2歳半のバンドウイルカの女の子ピックのかわいい姿でもご覧になってくださいな。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

目がギョロッとしているお母さんのミューに比べると、むしろ「糸目」と言えるぐらい目が細い印象のピックですが、結構パッチリ目が開いてるように見えます。
これはかわいい!

目の上に頭頂に向かって帯状の模様があるところはお母さんとそっくり。こういうのって遺伝するのかな?

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック、シリアス

シリアス(下)と並んだピック(上)。
仲良く遊んでくれるシリアスはお母さんとはまた違って大事な存在。
2頭一緒にいるのを見ると、しあわせな気持ちになれます。

下顎の先がクイッと上を向いているシリアスと比較すると、ピックの口が直線的なのがよく分かります。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック、ハナゴンドウのビーナ

自分のトレーニングをほっぽり出してハナゴンドウビーナのところへ遊びに行ってしまうこともあるピックですが、ビーナは意外に素っ気ない。

気ままに我が道を行くビーナです。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

歯を押して刺激してるのかな?
イルカの歯は、食べ物を噛み砕くためのものではなく、捕まえた獲物を逃がさないためのもの。なので食事は魚を丸飲みで、歯は使いません。

ですが普段からある程度の刺激が必要なんでしょうか。疑似的に魚を捕まえたのと同じ感覚で、気持ちいいのかもしれません。

寒くても元気に成長中のピックに、ぜひ会いに行ってくださいね!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

ハナゴンドウ(花巨頭)[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2465-95d95e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。