新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/20(月)23:00
えのすいはメンテナンス休館をはさんで、館内至る所フレッシュ!&リフレッシュ!

深海コーナーでは長い間展示されていたヒカリキンメダイと交代して、こちらの貝の仲間が登場になっています。

新江ノ島水族館(えのすい)深海カブトアヤボラ 新江ノ島水族館(えのすい)深海カブトアヤボラ

カブトアヤボラ[学名:Fusitriton oregonensis][英名:Triton shell]

貝殻の表面に毛が生えてたりする変わった貝のカブトアヤボラ。山伏が吹き鳴らす法螺貝の一種ですが、ちょっと小柄なので鳥笛ぐらいの大きさ。かわいい音が出るかも。

新江ノ島水族館(えのすい)深海カブトアヤボラ

ウッ! 魚食ってる!!
海底に降ってきた魚の死骸を食べ尽くして、海底をキレイに保つ掃除屋さんの役目を果たしているのが垣間見える光景。

駿河湾の水深100~400mで採集されたそうですが、当然ながら海底にいたんでしょう。定義的には水深200mより深い場所が深海とされていますので、通常の海と深海にまたがって生息している形です。
深海コーナー以外の場所にも展示されます。

ひょっとしたらカブトアヤボラの食事シーンに遭遇できるかもしれません。そのときは注意深く観察してみてくださいね。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
天敵対決
オニヒトデとホラガイの対決は図鑑でよく見ます。ホラガイが減少してるとか・・・
オニヒトデを忌避剤として商品化したものがあるんですね。那覇空港で看板を見ました!
にっくきオニヒトデ!水族館にはあんまりいませんね!葛西で昨年見たのは、やけに地味な展示で拍子抜け!!
「ハブvsマングース」みたいな「サンゴ+ホラガイ+オニヒトデ」の展示はありえないんでしょうか~? サンゴが可愛そうだからボツなのかな・・・
カコボラだか房州ボラだか漁労屑でよく見ますよ~
2010/12/22(水) 17:54 | URL | ハスノハママ #n3b6WIy6[ 編集]
Re: 天敵対決
ハスノハママ様
ありがとうございます。

オニヒトデが忌避剤に! すごい発想だ!
嫌われ者だとばかり思われていたオニヒトデも役に立つんですね。

かなりオニヒトデ凶悪なので、
実際の対決だとちょっと生っぽいかもしれませんね。 (;´ー`)
サンゴも気軽に繁殖できませんのでね~。
普通のエサを食べている口が見える展示が現実的な線でしょうか。

> カコボラだか房州ボラだか漁労屑でよく見ますよ~
たくさんいることはいるのかなホラガイ。
大事なのは、やっぱりバランスですかね。
オオカミ絶滅させるとシカが増え過ぎちゃうのと同じで。

コメントありがとうございます。
2010/12/24(金) 01:03 | URL | ゴウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2450-e001654f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。