新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/16(木)23:00
えのすいはメンテナンス休館をはさんで、館内至る所フレッシュ!&リフレッシュ!

出口へ向かう通路にひとつだけある環境水槽が久しぶりにリニューアル。
ミノカサゴからバトンタッチで登場したのは、個性派のこの魚。

新江ノ島水族館(えのすい)環境水槽ヘコアユ

ヘコアユ(兵児鮎)[学名:Aeoliscus strigatus][英名:Razorfish]

いつも頭を下にして泳ぐヘコアユ。だけど急いで泳ぐときは、やっぱり横向きになるんですって。

水槽の水が濁っているように見えますが、これは生きた動物プランクトンでヘコアユの食事の様子が観察できるような措置。
ストローにようになった細い口先をはね上げながら、プランクトンを吸い込みます。ぜひじっくり観察してくださいね。

ちなみに解説板にも「兵児鮎」という漢字表記がありますが、完全な当て字で鮎の仲間ではなくタツノオトシゴやヨウジウオに近い仲間です。
ヘコは「逆さ」の意味で、アユは「歩む(あゆむ)」のあゆ。つまり泳ぎ方を「逆立ち歩き」に例えた名前になっています。

新江ノ島水族館(えのすい)環境水槽ヘコアユ

奥に鏡があるので、反射で増えたように見えるというのもあるんですが、それにしても数が多くて圧巻です。遠目にみると、メタリックな質感から針が千本な雰囲気。

近寄ってみるとRazorfish=カミソリ魚の英語名通り、まるで切れ味鋭い刃のよう。床屋さんのカミソリの刃だけが、水中に立ってユラユラ揺れてるような異次元的光景。

相模湾の環境では最も不思議な姿と動きを見せるヘコアユです。



ところでこの水槽を観察していたら・・・

新江ノ島水族館(えのすい)環境水槽 新江ノ島水族館(えのすい)環境水槽

タコノマクラとおぼしきウニの仲間(左写真)や、エビやナマコ(右写真)が突然上から降ってきました。展示をした状態で新生物が追加されて、さらにパワーアップが続けられているんですね。
こういうシーンに出会えたらラッキーかもしれません。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2434-e4084832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/12/23(木) 18:54:00 |
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。