新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/13(月)22:00
えのすいのイルカショースタジアム奥ブリーディングプールから最後に紹介するのは、一応クジラの仲間のハナゴンドウビーナです。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

“一応”っていうのが失礼っぽいですが、そもそもえのすいにいるイルカもクジラも両方とも歯クジラの仲間で、明確な線引きはありません。
習慣的におよそ5mより大きいものをクジラ、小さいものをイルカと呼びます。
ですが、なんとなく口先がとがってるのがイルカで、そうでないのがクジラっていうイメージがありますよね。

ハナゴンドウは体格的にはイルカで、頭の形はクジラ。図鑑などによってはイルカに分類されることもありますが、えのすいではクジラに分類しています。
ビーナも体の大きさと重さが、バンドウイルカたちの平均ぐらいだと思います。
多分、ルイと同じぐらい。

体についた傷がそのまま白く残るのが特徴のハナゴンドウですが、ビーナはしょっちゅう頭周りに生傷を作っていてすっかり白くなっています。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

はい、握手ぅ~。
現在はこちらのブリーディングプールで、有料のふれあいプログラム「イルカと握手」が毎日開催されていますが、ビーナは不参加です。

サインも分かってるし、トリーターさん相手には完璧にできるんですが、昔から参加しているのを見たことがありません。性格かな。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

ビーナは練習でも張り切るときはものすごく張り切るんですが、気分が乗らないときは全然やらなかったりします。

気ままな性格で、計算できないところがあるので、そこら辺が難しいんでしょうね。
またショーに出てるビーナの姿も見たいけど、気ままに自由に暮らしてるのもビーナらしくて良いかなあという気がします。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

バシャバシャとご機嫌斜めなことも。我が道を行くビーナです。

一見すると無愛想なのにわざわざ人の視界に入るように泳いでみたりして、ちゃんと愛らしい姿をみせてくれるビーナがかわいらしくて好き。


ハナゴンドウ(花巨頭)[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2424-4c1fab6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。