新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/09(木)20:00
今日まで年に一回のメンテナンス連休のえのすいです。
突然ですが、まずは入場してすぐのスペース「なぎさラウンジ」の紹介から。

新江ノ島水族館(えのすい)なぎさラウンジ

ミツクリザメラブカの標本や、年間パスポートの発行カウンターなどがあるところ。夏の企画展を開催したときに、大胆に改装してイメージチェンジ。順路に組み込まれたので、以前より身近な場所になりました。

長椅子が復活したこともあって、江の島周辺の散策、車や電車に長時間乗った後でちょっと疲れた来館者の方にとっては一息入れるのに最適な空間。

新江ノ島水族館(えのすい)なぎさラウンジから見る江の島

そしてながめられる景色も絶品です。館内で最も江の島に近い場所でもあります。
室内なので気温や風、トンビやカラスを気にしなくてもよく、浴びる陽光もポカポカで落ち着いてゆったりできるのが、この季節はありがたい。

新江ノ島水族館(えのすい)なぎさラウンジのエチゼンクラゲ映像

エチゼンクラゲの映像解説も放映中。
この他にも生物や標本の展示があるので、結構充実しています。



ところで記事タイトルの「木8」ってなにかと言いますと、答えはこちらにあり。

新江ノ島水族館(えのすい)なぎさラウンジ

相模湾関連生物の標本を展示するコーナー。ブース全体が今一番注目されているミズクラゲの繊細で美しい写真を超拡大した素敵なデザイン。

そして、相模湾にゆかりのある生物の写真も飾られているんですが、その中の1枚が最近になって変更になりました。

新江ノ島水族館(えのすい)なぎさラウンジのモクハチミノガイ写真

その写真とはモクハチミノガイ。学名は Lima zushiensis なので、逗子の名前を授かった生物です。

漢字で書くと「目八蓑貝」らしいんですが、月9に対抗したとしか思えないタイミングでの掲示だったので思わず木8?って思っちゃいます。

「なぎさラウンジ」はとても良いスポットなんですが、一度進むと順路的に戻って来づらいのがタマにキズ。
ですが一休みしたら本館へ向かいましょう! まだまだ先は長いですからね!


※12月7日(火)~12月9日(木)の3日間は、館内メンテナンスのため休館です。

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2412-43c050ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。