新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/28(日)23:00
2010年11月の「えのすい」テーマ水槽:
水の中の働きものたち その6


アマゾン川で暮らすゲオファーガス(=地球を食べる)の仲間の魚たち第1弾。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゲオファーガス・スタインダックネリィ

ゲオファーガス・スタインダックネリィ[学名:Geophagus steindachneri]

左がメスで右がオスのいつも一緒の仲良しペア。全長20cmぐらいにまで成長。
メスは岩などに産卵後、孵化したばかりの稚魚を口の中で保護。
クロホシイシモチなどが、卵そのものを口中で守るのとはちょっと違います。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゲオファーガス・スタインダックネリィ

オスはかなりキレイ。
成熟したオスは頭頂が赤くなり、コブのように隆起してきます。こちらにいるオスはまだ成長途中でしょうけれども、それでも頭が赤くなってやや出っ張り気味。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゲオファーガス・スタインダックネリィ

食べてる、食べてる!
砂を口に入れて有機物を漉し取り食べるのでゲオファーガス(=地球を食べる)、英語ではアースイーター(Earth Eater、=地球を食べる者)と呼ばれます。

有機物を取り、砂をかき混ぜる効果があるので、すでに紹介したハゼの仲間たちと同様に、結果として水槽内の底砂をキレイに保ってくれます。



江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゲオファーガス・ディクロゾスター 江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゲオファーガス・ディクロゾスター

ゲオファーガス・ディクロゾスター[学名:Geophagus dicrozoster]

そしてこちらが同居のゲオファーガス・ディクロゾスターだと思うんですが、奥に隠れてなかなか前の方に出てきてくれませんでした。
美しいヒレがチャームポイント。背びれや尾びれにメタリックな斑点が見えます。

南米はベネズエラのネグロ川やオリノコ川に生息。
2004年に新種として報告されたばかりなんですって。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2379-41e3786d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。