新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/23(火)23:30
2010年11月の「えのすい」テーマ水槽:
水の中の働きものたち その1

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽1011

今日11月23日は「勤労感謝の日」で祝日です。
古来から秋の収穫を祝って感謝する日だったんですって。
今月のテーマ水槽はこれにちなんで、
水族館では水槽の底の砂をかき混ぜたりしてコケが付くのを防ぎ、
キレイに保ってくれる働き者たちを大特集!

■展示生物
左上/オトメハゼ、マガキガイ  
左下/サタノペルカ・ダエモン、サタノペルカ・レウコスティクタ  
中上/アカハチハゼ、マガキガイ  中下/ギムノゲオファーガス・バルザニー  
右上/ミズタマハゼ、トラフナマコ  
右下/ゲオファーガス・ディクロゾスター、ゲオファーガス・スタインダックネリィ


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽マガキガイ

マガキガイ[学名:Strombus luhuanus]

ゾウの鼻のような口と、長く伸びた目が宇宙人的なルックスのマガキガイ
その特徴的な口で、砂の表面をかき混ぜつつ、コケや有機物を食べながら進んでいきます。あまりスポットライトを浴びて紹介される生物ではありませんが、おそらくどこの水族館にもいる働き者で縁の下の力持ちと言える存在。

えのすいではテーマ水槽や「発見の小窓」があるので、比較的紹介される機会が多いと思います。見た目も個性的ですので。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽マガキガイ

結構大胆活発に動き回ってお掃除。
ガラス面も難なく張り付いて登っていき、自在に動く口で探っていくので、いつも隅々まで完璧にピカピカです! 頼りになります。

だけど砂に潜ってじっといることもあるので探してね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2366-31834406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。