新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/08(月)23:00
えのすいでは現在、フジテレビ月9ドラマ『流れ星』と、同じくフジテレビ木曜深夜テレビアニメ『海月姫(くらげひめ)』に協力中。

そのおかげで注目度が高くなっているえのすいのクラゲファンタジーホールからパシフィックシーネットルを紹介します。

新江ノ島水族館(えのすい)パシフィックシーネットル

パシフィックシーネットル[学名:Chrysaora fuscescens][英名:Sea nettle]

現在展示されているクラゲでは、最大になるパシフィックシーネットル。クラゲファンタジーホール正面奥の最も大きな水槽を独占。全長1mを超えるほど巨大なパシフィックシーネットルたちが、所狭しとゆったり漂う様は圧巻です。

新江ノ島水族館(えのすい)パシフィックシーネットル

パシフィック=太平洋ですが、日本の近海では見られず、北アメリカ大陸の太平洋岸に生息しています。寒流であるカリフォルニア海流の中で育つクラゲです。

オレンジ色の半球から、細い赤と太い白のラインがたなびく様が優雅で美しい。
しかし、毒が強いので刺されると痛み、ミミズ腫れになることもあります。

新江ノ島水族館(えのすい)パシフィックシーネットル

流れ星のような姿勢を取ったかと思うと、反転したり、その場に漂ったり・・・ゆっくりと時間をかけて様々な表情を見せるパシフィックシーネットル
時間を忘れてずっとながめているうちに、心がカラッポになっていくのも癒し効果のひとつかもしれませんね。本当にいつまで見ていても飽きません。

巨大ながら不思議な気品すら感じるパシフィックシーネットルです。
ぜひえのすいクラゲファンタジーホールでご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2321-0c87f9cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。