新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/02(火)22:00
えのすいのイルカショースタジアム奥にあるのはブリーディングプール。子育てプールという意味なので、ある意味で中心なのは2歳のバンドウイルカの女の子ピックです。
(10月27日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシャドウ、ピック

こちらに移ってきたばかりのシャドウ(左)を追いかけ回すピック(右)。

仲良くなって遊んでもらいたいんだと思いますが、シャドウも元いた区画でさんざん追いかけっこをせざるをえなかったので、今はそっとして欲しいんだと思います。
残念ながらピックの相手はせず。相手は子どもだし、反撃したりもしません。

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック、ハナゴンドウのビーナ

そんなシャドウの状況を理解しているのか、ピックを追いかけて気を引くハナゴンドウビーナ。色々と気を遣ってるんでしょうか。ビーナが追いかけっこに参加するのはとても珍しいこと。

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシャドウ、ハナゴンドウのビーナ

並んで泳ぐシャドウ(手前)とビーナ(奥)。
この2頭も仲が良いんだかどうか、よく分からない。この後、シャドウは底の方に潜ってずっと1頭で泳いでました。

光線の加減で分かりにくいですが、結構傷が多いシャドウ。ちょっと気性が荒くなったような気がします・・・。 (´д`;)



一方、ピックととっても仲が良いのがシリアス

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス、ピック、シャドウ、ハナゴンドウのビーナ

左からシリアスピックシャドウビーナ
自分のトレーニングをほったらかして、シリアスのところに遊びに来てしまったピック。そちらが気になるシャドウビーナ
なんかスゴい光景だ。 (*´д`*)

ピックのお母さんのミューは握手体験担当中。

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス、ピック

小さい子には勝てないので、逆にシリアスに移動してもらいました。
まんまと作戦成功。

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック、シリアス

良かったね、ピック。すごく嬉しそうだ。
だけど担当のおにいさんに、あまり迷惑をかけてはいけません。

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス、ピック

トレーニングが終わったら「おにいさん! 遊んで!」コンビのシリアスピック
だけど遊んでくれるとは限りません。色々と忙しいからね。残念。

それじゃあとばかりに2頭で追いかけっこして存分に遊んだ後は、

江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス、ピック

一緒に仲良く並んで泳ぐシリアスピックです。この流れが大好き。
シリアスピックの追いかけっこは派手なので、プール間近は水浸しになったりします。水がかからないように注意!

それにしても、いつもシリアスといたパル父さんが左の区画に異動になったので、シリアスピックがこんなに親密に。
パル父さんには悪いけど、たまりません。 (*´ー`*)

ぜひ奥側のブリーディングプールも立ち寄ってみてくださいね!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

ハナゴンドウ(花巨頭)[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2301-2c398f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。