新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/30(土)23:59
えのすいにいる生物を、当ブログが無断でハロウィンの怪物としてスポットを当てる、はた迷惑なハロウィン企画の第5弾!

今回は妖怪「目目連」としてツバクロエイが登場。

新江ノ島水族館(えのすい)ツバクロエイ

ツバクロエイ[学名:Gymnura japonica][英名:Butterfly ray]

今年はブームだったけん、ちょっこし妖怪も良いんじゃないかと思う。(今さら便乗)
目目連とは障子に無数の目が浮かび上がるという姿を持った妖怪。
誰かがのぞいてたんじゃないのと思っちゃいますが、とにかく目玉の数が多いので障子一枚に対して数十人が必要だからまず無理。

新江ノ島水族館(えのすい)ツバクロエイ

目玉が一杯な模様のツバクロエイ。中央やは左右上側にある白い部分は傷。
下側の細い線は水を取り入れる穴ですが、水木しげる先生の描く妖怪の目みたいです。

水木先生がスランプで「妖怪なんかいないんだ」とやさぐれていた時期、先生の次女が修学旅行先の京都の旅館で目目連に遭遇し、その話を聞いた先生が「やっぱ妖怪っているんだ!」と大復活を遂げるきっかけを作ったとても重要な妖怪なんです。

だけど朝のドラマではなぜか次女が修学旅行に行ってたときに、水木先生自身が別の大物妖怪を目撃して自力で立ち直ってしまうというエピソードになっていました。
せっかく次女が障子にたくさん目があったという話をしても「あぁ、それ目目連だねぇ。へぇ~、会ったんだぁ。よかったじゃ~ん」ぐらいのテンションで・・・
エッ??! ( ゚д゚) って思っちゃいました。なぜ変える必要があったんだろう。

新江ノ島水族館(えのすい)ツバクロエイ

海底でじっとしていることが多いツバクロエイ。ですが相模湾大水槽では2回の岩場の平たくなっているところにも出没。
気が付くと一面が目で埋め尽くされてることも。
ぜひ目をこらして探してみてください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2294-670805c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。