新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/27(水)23:00
2010年10月の「えのすい」テーマ水槽:
生物多様性ってなんだろう その6


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ブラックゴースト

ブラックゴースト[学名:Apteronotus albifrons]

南アメリカ大陸アマゾン川が原産のナイフフィッシュの仲間。
純度の高い黒の体色に、尾の部分にくっきりとした白い帯が2本と、額にも白い線があるのがチャームポイント。

ブラックゴーストの特殊能力も電気レーダー。
体から弱い電気を発して周囲を探査。その能力のおかげで濁った水の中でも、エサや繁殖相手を見つけられるんだとか。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ブラックゴースト

変幻自在、縦横無尽、神出鬼没で立体的な泳ぎ方をするブラックゴースト

背びれで泳ぐギムナルクスと対照的に、というか対称的にと言うべきか、ブラックゴーストは腹側全面をカバーする尻びれを、ヒラヒラと波打たせて泳ぎます。

かなりランダムで、意外に思えるほど素早く動きます。特に後ろに進む動きが、前向きとほとんど変わらないほどのスピードでかなり異色。

一般的な魚と比べると、普通の飛行機とヘリコプターぐらい泳ぎ方の差があります。
上下左右にトリッキーに泳ぎ回り、まさにゴースト=幽霊!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ブラックゴースト

食事の時間。普段は統一性がなく各々が自由に動いていますが、このときばかりは石の隙間に落ちたエサを探して、みんな一心不乱に頭を突っ込みます。

大人になると体長は50cmほどになるそうですが、今回のように15cm前後のブラックゴーストが数多くバラバラに泳いでいる様子もかなり不思議な感覚で、見ていて楽しく飽きません。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2283-5fc55e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。