新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/25(月)23:59
えのすいの深海コーナーの標本展示から興味深い貝の仲間を紹介します。

新江ノ島水族館(えのすい)深海スケーリーフット

ウロコフネタマガイ(スケーリーフット)
[学名:Crysomallon squamiferum][英名:Scaly-foot gastropod]

ウロコフネタマガイは、別名スケーリーフット(Scaly-foot=ウロコの足)と呼ばれます。なんとその名のごとく足にウロコを持っているのですが、そのウロコが硫化鉄という鉄でできているのでさらにビックリです!

危険を感じるとウロコは外側に向けられ、鎧のような役目を果たします。
また、ウロコは鉄でできていますから磁石にもくっつきます!

2001年に新種として発見されたばかりの謎の多い生物です。

新江ノ島水族館(えのすい)深海スケーリーフット 新江ノ島水族館(えのすい)深海スケーリーフット

昨年の11月には世界で初めてえのすい深海コーナーで、生きた状態のまま展示もされました。しかし、飼育は困難を極めるため、わずか3日間の展示に留まりました。
そのときは、生きているうちからウロコが錆び始めたそうです!

標本に関しては、深海コーナーに行けばほぼ間違いなく見られる状態ですので、ぜひ色々な角度からご覧になってください。


JAMSTEC=海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」の第936潜航によって、2006年2月20日にインド洋ロドリゲス三重点の水深2422mから採集されました。

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2279-f256c0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。