新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/07(木)23:59
ややこしいタイトルですみません。

先日の記事でえのすい相模の海ゾーン「旬の水槽」に登場したマアナゴを紹介しましたが、写真1点に関して別の魚の「ハモ」を誤ってマアナゴと記述してしまいました。
訂正させていただきます。大変申し訳ありません。

また、訂正する前にマアナゴハモの展示が終了してしまいました。
重ねておわびいたします。

新江ノ島水族館(えのすい)マアナゴ

マアナゴ(真穴子)[学名:Conger myriaster][英名:Whitespotted conger]

こちら筒の中に入っていた黒っぽくて長い魚が、おなじみのマアナゴです。
結構な数がいましたが、大概は筒の中に入りっぱなし。

新江ノ島水族館(えのすい)マアナゴ

筒から出て泳いでいることは、ほとんどありませんでした。

元々、マアナゴの旬の終了間際の展示開始だったので、終了になってしまった模様。



新江ノ島水族館(えのすい)ハモ

ハモ(鱧)[学名:Muraenesox cinereus][英名:Daggertooth pike conger]

こちらの銀色の長い魚はハモでした。すみません。

関東ではあまりなじみがないものの、関西では良く食べられる高級魚として有名。小骨が多いので「骨切り」という下処理をすることでも知られています。

日本近海では東シナ海での漁獲が全体の90%を占めるそうなんですが、しっかり相模湾でも獲れるんだとか。

英語の名前の「Daggertooth pike conger」ですが、Daggerが短剣で、pikeが槍の種類。つまり直訳すると「短剣の歯が生えた槍のアナゴ」という意味なので、かなり物騒な名前の魚です。
実際に他のウナギやアナゴなどに比べて口が広く、鋭い歯が並んでいて結構危険な上に、性格も攻撃的でよく噛み付いてくるという話です。



現在の「旬の水槽」はウスバハギを単独で展示しています。
とても面白い顔立ちのカワハギの仲間です。ぜひご覧になってください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※マアナゴ、ハモの展示は終了しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2224-849e99be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。