新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/01(金)23:00
えのすいの本館に入ってすぐ相模湾大水槽2階の2番目のブロックに注目!

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

イトヒキアジ(糸引鯵)[学名:Alectis ciliaris][英名:African Pompano]

久しぶりに、なぜかヒレがヒラヒラたなびくイトヒキアジが登場!
中くらいの大きさの2匹です。というか恐らく大きめの幼魚です。

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

相当カッコいい!
それにしても毎回イトヒキアジを見るたびに思いますが、この糸状に伸びたヒラヒラの用途がまったく想像不能。エルヴィス的な意味合いなのか?

だけど逆に、必然性が見いだせないところにわざわざ付いているのが、かえってステキ! あまり見たことのない方向性にハッタリが効いていて、そこはかとなくナイス!
(*´▽`)b

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

同じ水槽にいるクロホシイシモチネンブツダイのオレンジ色の体色が反射するほどメタリックな質感! 新鮮! ちゃんと反射するもんなんだね!

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

体長10cmぐらいの小さい頃の幼魚はもっと体型が菱形◇で、ヒラヒラも体長の2倍ぐらいの長さで、かなり熱帯魚な雰囲気。

その後、成長につれ体が大きく長くなり、相対的にヒラヒラが短くなるのが今回いるイトヒキアジの状態です。

さらに成長して成魚になると、体の縞模様が消え、一段と大きく長くなるので、同じ相模湾大水槽にいるギンガメアジに近い体型になります。
ヒラヒラ部分がなくなって硬いトゲだけが残るみたいですが、それもやはり相対的に短くなってます。

これは体は成長するけどヒラヒラの長さは変わらないってことなんでしょうか?
ひょっとして、それを利用して成長の度合いが分かるようにするために付いているのか!? ヒラヒラ!

・・・って、そんな理由でわざわざこんな進化をするんだろうか!?
ますますわからん。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2208-74051682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。