新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/19(日)23:00
新江ノ島水族館では昨年、国内で初めてクラゲモエビの累代繁殖に成功!
これにより社団法人 日本動物園水族館協会から繁殖賞を授与されました!

新江ノ島水族館(えのすい)クラゲモエビ

おめでとうございま~す!
ちゃんと誕生日も入ってます。昨年といっても年の瀬も押し迫った12月27日のことだったんですね。色々と大変です。

新江ノ島水族館(えのすい)クラゲモエビ

クラゲモエビ(水母藻蝦)[学名:Latreutes anoplonyx]

こちらがそのクラゲモエビです。
体長2~3cmぐらいと小型で、クラゲを住み処とする珍しいエビ。

2009年秋に大量発生したエチゼンクラゲに共生していたクラゲモエビを繁殖させ、展示されているのが3世代目で、バックヤードではさらに4世代目を育てているそうです。

新江ノ島水族館(えのすい)エチゼンクラゲ

同じ水槽にいる小さなエチゼンクラゲ
クラゲモエビより小さいので、もちろん住み処にすることは不可能です。

大型のエチゼンクラゲには100匹以上(!)ものクラゲモエビが暮らしていたりするんだそう。クラゲモエビの食糧は基本的にクラゲが食べているプランクトンの一部や、クラゲの体表の付着物を食べているらしいです。
しかし、エサとしてエチゼンクラゲを与えると好んで食べるそうなので、こちらの水槽の個体はエサとして入っているのかもしれません。

新江ノ島水族館(えのすい)クラゲモエビ、エチゼンクラゲ

だけど水槽の水流が強く、すごいスピードでエチゼンクラゲが通過していく超高速流しソーメン状態なので、捕まえるのは難易度が高そうです。

テーマ水槽横で展示中。お祝いをかねて、ぜひご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2177-ae8f9cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。