新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/03(金)23:00
ヤツらとは・・・

新江ノ島水族館(えのすい)ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)標本

ミツクリザメ[学名:Mitsukurina owstoni][英名:Goblin shark]

えのすいのこの夏の企画展~世界に誇る相模湾~ “えのすい”の相模湾展“おどろきと発見の一日”に登場していた希少な生きた化石とも呼ばれる深海性サメ、ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)とラブカの標本のこと。

一応、企画展は8月31日で終了の予定でしたが、9月1日時点では会場の「なぎさラウンジ」は夏休みのままの状態。ひょっとしたら次の企画が行なわれる10月までこの状態なのかもしれませんが、ひょっとしたらもう撤去されてるかも。

新江ノ島水族館(えのすい)ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)標本

相模湾をながめるミツクリザメ。江の島沖の深海で漁獲されましたので、見つめる先が故郷なんでしょうか。もうちょっと東京湾よりの深海で発見例が増えています。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

ラブカ[学名:Chlamydoselachus anguineus][英名:Frilled shark]

こちらは相模湾を背にするラブカ。こちらの方が希少度が高いようです。
生きた状態では数年に一度というぐらいの発見頻度。

今月のテーマ水槽がちょっとスゴいことになってて、そちらともリンクしてる感じ。
テーマ水槽の内容が気に入る方なら、こちらのサメたちも好きなんじゃないかと思うので、できるなら継続展示してあわせて見ていただきたい気がします。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2139-8571343c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。