新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/28(土)21:00
虫が苦手な方はご注意ください。
 ↓
 ↓
 ↓
2010年08月の「えのすい」テーマ水槽:
海の周りで昆虫採集? その5


今回はコガネムシの仲間が大集合!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽シロスジコガネ

シロスジコガネ[学名:Polyphylla albolineata]

神奈川県レッドデータ絶滅危惧種の希少なコガネムシ。しかし、えのすいで繁殖に成功して、飼育下三世(野生の孫の代)が誕生! とてもスゴいことです!

名前の通りに背中に白い筋があります。かなりシブいカラーリング。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽オオコフキコガネ

オオコフキコガネ[学名:Melolontha frater]

沿岸性コガネムシの中では最も数が多くてポピュラーな種なんだとか。
細かい毛が生えている部分と、地肌の部分とではかなり色が違っています。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽アオドウガネ

アオドウガネ[学名:Anomala albopilosa]

とてもきれいな緑色の光沢のコガネムシ。ピカピカ☆
元々は南に分布していましたが、近年県内でも増えているんだとか。ですが、それによって近縁種のドウガネブイブイが駆逐されてしまっているそう。

ドウガネブイブイといえば書籍「またまたへんないきもの」に「へんななまえ」の生き物として名前だけ掲載されてます。
「ブイブイ」は関西~四国でのコガネムシ科の虫の呼び名だそうです。ここら辺りでは「カナブン」という呼び名が、同じような使われ方の別の言葉として定着していると思います。
ドウガネブイブイは光沢のある銅色の体色をしています。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽?コガネムシ

こちらは特に解説表示のなかったコガネムシの仲間。
標本の展示と見比べると、どうやらシロテンハナムグリという種類のように見えます。
メタリックな光沢に、斑点がちりばめられていてかなりキレイ。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽?コガネムシ

こちらもまた別の種類のコガネムシの仲間でしょうかね。
同じ大きさや特徴を持った多くの種がひしめきあって、まさに百花繚乱の繁栄を謳歌していると言えるのかも。

さすが、虫。
地球上で最も成功している生物群とされるのも伊達じゃありません。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2120-3c21e067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。