新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/24(火)23:00
2010年08月の「えのすい」テーマ水槽:
海の周りで昆虫採集? その1

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽1008

地球上で最も繁栄する生物・・・それは人間ではなく、実は昆虫!
名前が付いているだけで約100万種!
名前が付いてないものを含めると約500~1000万種!!
地球上の生物種の80%以上が昆虫!!!
あらためて驚きですが、海にもいますよ昆虫!

■展示生物
左上/オンブバッタ、ショウリョウバッタ、ヒラタクワガタ他  
左下/ハイイロゲンゴロウ、ヤドカリの仲間  
中上左/トウゴウヤブカ、ケシウミアメンボ、ハマダンゴムシ他  
中上右/昆虫映像  中下/昆虫標本  右上左/ザトウムシの仲間、フナムシ  
右上右/シロスジコガネ、オオコフキコガネ、アオドウガネ他  
右下/ハマベハサミムシ、オオハサミムシ、
   スナゴミムシダマシ、オオヒョウタンゴミムシ


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ヤドカリの仲間

ヤドカリの仲間

って、いきなり虫じゃないじゃん! 甲殻類のヤドカリの仲間登場。
ヤドカリは漢字だと「宿借」の他に「寄居虫」とも書くそうです。甲殻類は体が節(ふし)で繋がっている点で共通しているので、~虫と名付けられることもしばしば。

虫って水に浮いちゃうようなイメージだし、エラもないから深く潜れなそう。
虫が陸上で、甲殻類が海中と、上手く棲み分けられている感じがします。



↓以下は海のゴキブリとも呼ばれる「フナムシ」の写真です。
人によってはグロと感じる場合があるかも知れませんので、
その旨、ご了承の上でご覧ください。クリックすると拡大します。


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽フナムシ

フナムシ[学名:Ligia exotica]

まさかの連続登場のフナムシ。名前に~ムシと入っている上に、ゴキブリみたいですが、フナムシも実は甲殻類の仲間。近い仲間で深海底に暮らすのがオオグソクムシダイオウグソクムシ、陸上で暮らすのがダンゴムシ
湿った場所を住み処とするとはいえ、甲殻類なのに完全に陸上に適応したダンゴムシたちが、逆に特異なケースなのかもしれません。

フナムシは基本的に水辺在住ですが、少しぐらいなら泳いだり水底を歩いたりも可。

今月の展示ではザトウムシの奥側に配置。この手の生き物が嫌いな人にとっては、ザトウムシ越しにフナムシを見るという、ある種、究極に凶悪なレイアウトで、トラウマ&ナイトメアな予感。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2109-15a38308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。