新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/02(月)23:00
えのすいペンギンプールでは、今年3月に生まれた2羽のフンボルトペンギンの子どもが右側の特別区画で共同生活中。そして名前募集中!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ 新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタヒナ

●左/ハク(母)&ジャンボ(父)の子ども(3月20日生まれ)
 物静かで行儀もいいけど、しっかりと自己主張もします。正統派のかわいさ。

●右/ウタ(母)&ポー(父)の子ども(3月24日生まれ)
 落ち着きがなく、くいしんぼで、ズッコケることも多いけど、そこがかわいい。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ、ウタヒナ

一緒に泳いでみました。すごく仲良しっていうわけではないようですが、段々と距離感が縮まってるような印象で微笑ましいし、今後どうなっていくかも楽しみ。

左がハクの子で、右がウタの子。現在は顔で見分けられるぐらい差があります。
ハクの子は顎の下に黒い線状の模様が入ってます。
くちばしはウタの子の方が大きく、白い部分が多いです。



それでは今回も食事シーンから、それぞれの子供たちの性格の違いを紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ、ウタヒナ

左手前がハクの子で、右奥の巣箱の中でエサをもらっているのがウタの子。
交互に1匹ずつ魚をもらうのですが、ウタの子がエサをもらっている間は、ハクの子はおとなしく待っています。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ、ウタヒナ

そして、今度はハクの子がもらう番になると、ウタの子が追いかけてきてまたもらおうとします。このときハクの子はどっしり直立不動なのに、ウタの子はチョコマカ動いて一瞬も止まりません。

本当にキミって子は・・・。 (^д^;)
あまりに分かりやすくて、つい笑ってしまいます。



ところでジャンボは、やはり自分の子が心配なのか、たびたびこちらの区画の方に足を運んでいます。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ

だけど仕切りがあるので、直接は会えません。
大きな声で雄叫びを挙げるジャンボ。涙ぐましいお父さんの愛。
なんですが・・・

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタヒナ、ハクヒナ

仕切りの向こうで耳を澄ましていたのは、我が子ではなくウタの子でした。
しかも、我が子は羽根繕いに夢中であまり関心がないみたい・・・。
ジャンボ父さん、無念。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタヒナ、ハクヒナ

なかなか絵になるコンビになってきたような気もする2羽の子どもたち。

名前の応募はえのすいの応募箱に直接投函するようになっていますので、直にかわいい姿を見た後に、ぜひステキな名前を付けてあげてください。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2059-21933170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。