新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/29(木)22:00
2010年07月の「えのすい」テーマ水槽:
磯観察 その7


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察

ホンヤドカリ[学名:Pagurus filholi]
イソスジエビ[学名:Palaemon pacificus]
アオウミウシ[学名:Hypselodoris festiva]
カゴカキダイ[学名:Microcanthus strigatus]
ナベカ[学名:Omobranchus elegans]
ヨロイイソギンチャク[学名:Anthopleura uchidai]
ヒライソガニ[学名:Gaetice depressus]
磯での珍しさ:★☆☆(一般的な生物)

こちらでは磯の干潮時と満潮時の双方の状態を再現するため、水位を変えて2つの水槽を並べています。なので基本的に同じ場所、同じ生物でも、水の深さや陸地の有無によって行動が変化するのも観察できます。

この水槽の生物たちは、すべて磯ではよく見かける種なんだとか。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察 新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察 新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察 新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽磯観察

といっても、キレイだったり、カラフルだったり、カッコよかったり、かわいかったり・・・それぞれの個性が光っていて、ありふれているという印象はありません。

よく目にする生物とはいえ、見つからないときは見つからないみたい。コツを掴むと一ヶ所でたくさん発見できるようです。

この水槽は、個々の生物たちにも注目ですが、磯そのものの環境の雰囲気を味わうのにもってこいの展示になっています。
ぜひじっくり観察して、磯観察するときの参考にしてくださいね。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2045-ef6da726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。