新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/20(火)22:00
2010年07月の「えのすい」テーマ水槽:
磯観察 その5


↓以下は海のゴキブリとも呼ばれる「フナムシ」の写真です。
人によってはグロと感じる場合があるかも知れませんので、
その旨、ご了承の上でご覧ください。クリックすると拡大します。


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽フナムシ

フナムシ[学名:Ligia exotica]
磯での珍しさ:★☆☆(一般的な生物) 

磯では珍しくない生物。だけど、あまり積極的にはお目にかかりたくない生物。
なぜこういう生物がたくさん存在して、しかもわざわざ水族館で展示しちゃうんだッ!
となんとなく理不尽に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、磯の海藻や動物の死骸などを食べてキレイにしてくれる掃除屋さんとしての顔を持っていて、大変みんなの役に立っている生き物なんです。

とはいっても、やっぱりキショいものはキショいっていうのには同感です。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽フナムシ

深海コーナーの看板生物であるダイオウグソクムシオオグソクムシに近い種ですが、これらの生物はサイズが大きいので、もはや「カッコいい」カテゴリーに認定。
ゴキブリ大のフナムシはどうにも「キモチワルい」分類になってしまいがち。

なんかワシャワシャ、メキョメキョした感じがたまらなくイヤだし、後ろにも触覚のようなものが生えてるし、生理的に受け付けられない人も多いと思います。
その割には、なぜか目がつぶらで困ったもの。意外にも海水の中は苦手らしい。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽フナムシ脱皮殻

フナムシの脱皮殻
磯での珍しさ:★★☆(よく探せば見つかる生物)

水槽内のディスプレイの一部がさりげなく透明の筒になっています。
その中にワサワサとフナムシの脱皮殻が・・・。

凝った仕掛けと、あまり見たくない感のギャップの大きさに苦悩しそうですが、そこは目を大きく見開いて脳裏に焼き付けましょう。

脱皮殻は完璧にフナムシの形を維持したまま、前半分と後半分にパキッっと見事に別れて脱落します。
ある場所には密集してたくさんあるようですが、見つからないときは全然見つからないんだとか・・・。
探してみます?


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
あまり空かない?
こんばんは。

この間、ちょうどテーマ水槽の上段に餌をあげている所を見たのですが、フナムシはほとんど食べていませんでした。

他の水槽の魚達はバクバク食べていたのですが。
フナムシはあまり食べなくても大丈夫な種類なんでしょうか。
2010/07/25(日) 01:02 | URL | kamuma #-[ 編集]
Re: あまり空かない?
kamuma様、こんばんは。
ありがとうございます。

今月のテーマ水槽は案外意識してお客さんのいるところで、給餌しているみたいですね。よく見かけます。

フナムシの仲間のオオグソクムシやダイオウグソクムシは、深海の底でエサとなる動物の死骸が降ってくるのをじっと待っているイメージがあります。
体の肉の部分も少ないし、代謝も活発じゃなさそうだし、飢餓にはかなり強いんじゃないでしょうか。

誰も食べないものを食べる「海の掃除屋さん」としての進化の道を選んだので、意外にのんびりな性格なのかもしれませんね。
その割にはワシャワシャと素早く動く姿がなんとも・・・。
(´Д`;)

コメントありがとうございます。
2010/07/25(日) 23:57 | URL | ゴウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/2019-60aed3f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。