新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/06(火)23:00
えのすいの深海コーナーからヨツバカワリギンチャクの驚異の姿を紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)深海ヨツバカワリギンチャク

ヨツバカワリギンチャク[学名:Isactinernus quadrilobatus]
ミノエビ[学名:Heterocarpus hayashii]

クワァァアアアーーーーーーーッ!!!

恐ろしい四つ葉の口を開きつつ、ミノエビに襲いかかるヨツバカワリギンチャク
さながらパックンフラワーのようですが、植物にせよ、イソギンチャクにせよ、目のない生物が口を開けて迫ってくる恐怖は異次元の生理的違和感です。

「たまたま、しおれて横になってるところをエビが通りがかっただけじゃない?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに食いにいってるような気がする。
リーチが足りないのか、ミノエビに届いていませんので、このときはいずれにせよ無事。その後はヨツバカワリギンチャクもシャンと戻って直立姿勢に。

しかし、後日には展示のミノエビが1匹減ってました・・・。 (´―`;)

新江ノ島水族館(えのすい)深海ヨツバカワリギンチャク

通常モード

新江ノ島水族館(えのすい)深海ヨツバカワリギンチャク

本気モード

新江ノ島水族館(えのすい)深海ヨツバカワリギンチャク

休息モード?

多彩な表情を見せるヨツバカワリギンチャクは、イソギンチャクにしておくにはもったいないほどキャラが立っています。必見。


JAMSTEC=海洋研究開発機構の研究調査船「なつしま」を母艦とした無人探査機「ハイパードルフィン」によって、2010年4月21日~5月5日の深海生物調査(NT10-07)で、沖縄南方沖約の水深502mにて採集され、新江ノ島水族館深海コーナーに6月10日より展示されています。

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
うわ、すげぇ...(lli ゚Д゚)



......( ゚Д゚)ハッ
こんにちは☆

これは食べる気まんまんですね。
殻ごとバリバリ噛み砕いてそうです。

しかし、休息モードはめっさかわいいですな(*゚∀゚*)
ハートマークみたいです。
2010/07/07(水) 00:13 | URL | さくらなえ #S8wqFtGA[ 編集]
Re: タイトルなし
さくらなえ様、こんにちは。
ありがとうございます。

これね。100パー喰いにいってます。
マジです。 (´ー`) キッパリ!

だけどミノエビも貴重な生物なんですってば。
ちょっとカンベンして欲しい。 (´ー`|||)

ちょっと休息モードの変貌ぶりったらないな
・・・と思いましたが、かわいく感じていただけてなによりです。
ハートマークのフリしといて、エビやカニが近付いてきたところで
クワァァアアアーーーーーーーッ!!!

コメントありがとうございます。
2010/07/07(水) 23:42 | URL | ゴウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1976-772b4d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。