新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/30(水)23:30
えのすい初登場となるクラゲが、本日からクラゲファンタジーホールに展示になっているのでご紹介します!

新江ノ島水族館(えのすい)パープルストライプドジェリー

パープルストライプドジェリー[学名:Chrysaora colorata][英名:Purple-striped Jelly]

アメリカのカリフォルニア州沿岸に生息しているということなので、別の水槽で暮らすやはりアメリカ出身の巨大クラゲのパシフィックシーネットルとの共通点も多いパープルストライプドジェリーです。
傘の色をオレンジにして大きくしたら外見はそっくり。学名の前半も同じなので、近い種なのが分かります。

しかしパープルストライプドジェリーは、成長の過程で外見がかなり変わる特徴を持ったクラゲです。

生まれたばかりのエフィラ幼生は赤。

成長するにつれ、傘は薄いピンクになって、傘の縁から8本の赤紫で細長い触手が伸び、白い口腕(こうわん)がフリルのようになびきます。これが今の状態だと思われます。

さらに成長を重ねるとパープルストライプド(=紫の縞模様の)という名前の通り、傘に赤紫の太い放射状の縞模様が出現し、4本の口腕がコイルのようにお互いに巻き付きます。

新江ノ島水族館(えのすい)パープルストライプドジェリー

初展示、しかも初日ということで、まだノウハウがないためか、口腕が絡みついちゃってたりして何匹かくっついたりしてました。
しかし、水槽の上から人間の手が出てきて、ほどいていたのにビックリ!

す、素手!? 大丈夫なんでしょうか。ご苦労が絶えません。
そんな様々な労力があるおかげで、見事に初展示になっているパープルストライプドジェリーですので、ぜひご覧になってください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1959-885c224c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。