新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/27(日)22:00
2010年06月の「えのすい」テーマ水槽:
ハワイの自然~Pililani(楽園)~ その3


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ムラサメモンガラ

ムラサメモンガラ[学名:Rhinecanthus aculeatus]
ハワイ名:フムフムヌクヌクアプアア humuhumu nukunuku apua a

クラカケモンガラとともに、この名前で呼ばれるそうです。
この長くてまどろっこしい名前はどういう意味なんでしょう。
実は最後に一文字独立している「ア」も地味に気になります。

ひょっとして「なるほど、温かなアプアだね・・・あッ!?」って感じでしょうか。
本当に最後の「ア」がなんなのか気になる。
誰が最初にこんな名前で呼んだんでしょう。ちょっと謎。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ムラサメモンガラ

名前が個性的なら、顔立ちも模様もかなり個性的。
モンガラモンガラカワハギのことなので、カワハギの仲間に属します。

ベースの色は地味っぽいですが、鮮やかなブルーとイエローのラインが南国風でいい感じ。ちょっとほっぺたが膨らんでるようなのが、ユニークなイメージで独特な存在感。



新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽キイロハギ

キイロハギ[学名:Zebrasoma flavescens]
ハワイ名:ラウイパリ lau ipali

同じカワハギの仲間でも、こちらは途中出場のキイロハギ
名前の通り、潔いまでに真黄色。

幼魚は内湾で育ち、大きくなると珊瑚礁の外洋で暮らすんですって。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽キイロハギ

口元が膨らんでいるムラサメモンガラと違って、おちょぼ口のキイロハギは、かなり薄い体型。ラウ=lauはハワイ語で「葉」の意味だそうですので、なんとなく納得。

それにしても背景がブルーだと、レモンイエローの体色が異様なまでに際立ちます。いわゆる「補色」の関係なのでとても目立ちますが、自然界では大丈夫なんでしょうか!? 心配になっちゃいますが、熱帯魚って意外に目立ってるようで、特に敵に襲われやすいってこともないらしいのが不思議です。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1949-13acbe14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。