新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/19(土)22:00
えのすいペンギンプールでは、2羽のフンボルトペンギンのヒナが成長中。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ、ヒナ

こちらは右端の特別区画にいるジャンボ(黒タグ)とハク(赤白タグ)のヒナです。お父さんのジャンボの食事中ですが、ヒナも食べる気満々。
(タグ=翼の付け根の色違いの識別標)

他のペンギンたちに邪魔されない環境ゆえに、人間からエサをもらうのもすんなり習得。生まれてからわずか76日目だったそうです。
ジャンボハクが2年前に産んだ上のきょうだいのコハクは、162日後にやっと自力でもらえるようになったということなので、それまでは親鳥にエサをもらってたんですね。
数字を見ると、こちらのヒナかなり早くエサをもらえるようになったわけです。

ペンギンプール中央にいるウタのヒナは、他のペンギンたちの干渉が激しいので、まだお母さんからエサをもらってます。

それにしても、お父さんのジャンボのタグが黒いせいもあり、随分モノトーンな印象。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ、ハク、ヒナ

それ以外の時間は、以前に比べても巣箱の奥側にいる時間が長くて案外警戒が厳重です。う~ん、この場所はそんなには他のペンギンたちの驚異もないんですけどねえ~。意外と言えば意外。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ、ハク、ヒナ

世間知らずの箱入りってほどではないかもしれませんが、ちょっとウタのヒナに比べると環境が特殊な分、ペンギン社会とは距離があるんじゃないかと思うので、今後の成長からも目が離せません。
今後も見守って行きたいと思いま~す。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1923-e7a450a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。