新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/06(日)23:00
えのすい相模の海ゾーン「沿岸水槽」のひとつに集う個性的な面々。

新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽アカイシガニ、ミギマキ

アカイシガニ「おっと、お譲ちゃん、危ねえッ!」

ミギマキ「あら、あたしったら・・・つい立ちくらみで。
     危ないところを、ご親切にどうもありがとうございます」

アカイシガニ「な~に、困ったときはお互い様。いいってことよ!
     それじゃあ、気を付けて帰るんだぜ、お譲ちゃん。あばよッ!」


新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽アカイシガニ

そう言い残すと、あの方は名前も告げずに泳ぎ去って行きました。
・・・カニなのに。

新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽アカイシガニ

Σ(゚Д゚;) って、どこまで行くのーーーーーッ!?



そんなナイスガイのアカイシガニですが、かなり器用に泳ぎます。
英名Swimming crab=泳ぐカニの面目躍如です。

ガザミなども含まれるワタリガニ科のカニは、一番後ろの脚がオールのようになっていて泳ぐのが得意なので、全般的にSwimming crabと呼ばれるようです。

新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽アカイシガニ

こちらは反対向き・・・って、ん?
カニって歩くときだけでなく、泳ぐときも横に移動するのかな。壁に沿って泳いでいるので確定的には言えませんが、なんとなく横に泳いでる風。

土俵入りみたいな水泳フォームですが、進行方向前側のハサミは折り畳んで抵抗を少なくし、後ろ側のハサミは伸ばして舵の役目をしてるようにも見受けられます。
う~ん、奥が深いなアカイシガニ

実はこの水槽は以前より明るくなってるので、チャンスがあれば興味深いアカイシガニの泳ぐ様子を、じっくり観察することができると思います。
見逃さないでくださいね。


アカイシガニ(赤石蟹)[学名:Charybdis miles][英名:Swimming crab]
ミギマキ(右巻)[学名:Goniistius zebra][英名:Redlip morwong]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1884-d5cf1c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。