新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/25(火)21:00
えのすいのオットセイ・アザラシプールから、たまにはゴマフアザラシロスが主役でお送りします。

新江ノ島水族館(えのすい)ゴマフアザラシのロス

水底でお休み中のロス。ちょっと変なポーズ。

このプールには2頭のゴマフアザラシと1頭のオットセイの計3頭が暮らしています。ゴマフアザラシたちは白っぽい方が「ロス」で、黒っぽい方が「太平」だと思えばそう間違いはないです。全身茶色のオットセイ「スバル」です。

新江ノ島水族館(えのすい)ゴマフアザラシのロス

珍しく陸上で寝転がります。
背景は海の絵ですが、左端は陸上の景色も描かれているので雰囲気があります。

なので、その絵の前に寝転がるロスも優雅・・・でもないか。

新江ノ島水族館(えのすい)ゴマフアザラシのロス

今度は反対側で~す!
って、しまった。せっかくの主役なのに寝てるところばかり・・・。

というのもロスがこの場所で寝てるのが珍しいから主役記事になっているジレンマなのです。普段はビュンビュン泳いでるか、水面に浮いて休んでることが多いです。

新江ノ島水族館(えのすい)ゴマフアザラシのロス

ちょっと、こわいですか? ロスは白内障の上に、いつも充血気味なので、目がこわいって言われていることも多いです。

鰭脚類=脚がヒレ状になっているアシカやアザラシの仲間では、白内障は頻繁に見られる症状です。病気というよりは、加齢により自然と起こるもののよう。

ロスの名前の由来は、アメリカでロサンゼルスオリンピックが開催された1984年に生まれたから。なので今年で26歳。いぶし銀の魅力を醸し出す年齢です。

それにしても、先週の記事で「いつでも大歓迎なので近くに来てね、ロス!」と書いておいたら、オットセイ・アザラシプールに着くなり、いきなりロスが近寄ってきたのでビビった。
ひょっとして、このブログ見てるのかよ! って思いましたよ。ビックリ!

新江ノ島水族館(えのすい)ゴマフアザラシのロス

そして、また若い女の子たちが「きゃーっ、可愛い~☆」と集まってくれます。
これは嬉しいことなんですけど、ロス本人は、あまり気にしていない様子。
お客さんに人気があろうがなかろうが、ごはんを貰えればそれでいいからって思ってるような気がしてなりません。

太平がお客さんにサービス満点で相手するのに対し、ロスは意外にそっけない感じがするんですが、そういう性格のアザラシってことでご了承ください。
逆にこわがられても、いちいち気にせずクールな面持ち。

お客さんにキャーキャーいわれても、こわがられても、一喜一憂しないで常に我が道を行く。それがロスなので、お見知り置きを。
できれば、ありのままのロスを受け入れて接してくださいな。


ゴマフアザラシ[学名:Phoca largha][英名:Spotted seal]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1845-3284b16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。