新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/18(火)21:00
えのすいでは5月15日(土)に一夜限りの「えのすいTUBE AQUARIUM」を開催!
17:00~21:00の拡大営業で、普段は見られない夜の生物たちの姿も見られました!
サメ専用水槽からは夜行性のサメたちを紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)ネムリブカ、トラフザメ

ネムリブカ(眠鱶)[学名:Triaenodon obesus][英名:Whitetip reef shark]
トラフザメ(虎斑鮫)[学名:Stegostoma varium][英名:Zebra shark]

左側が「眠り」なのに夜になって俄然活発に泳ぎはじめたネムリブカ
背びれと尾びれの先端が白くなってるところがチャームポイント。

夜行性なので昼間はジッとしていることが多いために、名前に「眠り」と付けられてしまったようです。だけど、サメの仲間は結構夜行性が多いはずなのに、なんでよりによってご指名なんだろうという心境のはず。

「鱶(フカ)」はサメの別名。フカヒレという言葉でおなじみですね。特に大きいサメを指してフカということもありますが、ネムリブカは大きくなっても体長2mほど。
このネムリブカも、もっと大きく育ってくれそう。



右側の大小2匹はトラフザメ。こちらはまだエンジンがかからない感じ。
虎斑(トラフ)とは虎のようなマダラ模様ですが、トラフザメの表面にある黒い点々も案外規則正しく並んでいて、やんわり縞模様を形成しています。

夜になって照明が暗くなると、この斑点のそれぞれが大きくなり、全体に黒っぽい体色に変化して迷彩を施すと思うんですが・・・差が微小でちょっと分かりにくい。

サメは夜がカッコいいんですよね。見どころが多すぎて大変な夜だったので、じっくりと時間をかけてまた見てみたいサメ水槽でした。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1823-508eb8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。