新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/18(火)22:00
えのすいでは5月15日(土)に一夜限りの「えのすいTUBE AQUARIUM」を開催!
17:00~21:00の拡大営業で、普段は見られない夜の生物たちの姿を特集!

イルカショースタジアムからは、ショーに出演していなかったイルカたちを紹介!

新江ノ島水族館(えのすい)カマイルカのクロス、セブン

照明が水中に織りなす光の綾が漂いながら形を変えていく様が美しいカマイルカプール。まるで抽象画のよう。昼間とは雰囲気がまるで違います。

カマイルカクロスセブンの2頭が暮らしています。

新江ノ島水族館(えのすい)カマイルカのクロス、セブン

水面に姿を見せて息継ぎの瞬間。これだとさすがに、どちらがクロスでどちらがセブンか識別するのはとても難しい。2頭で並んで、黙々と泳いでいます。



続いてはメインプールの左側の区画。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス、パル

シリアスゥ~! (*´Д`*)ノシ
なんとなく手を振ると反応してくれてるような気がするバンドウイルカシリアス
ちょっと、この区画は遠いです。

水面の下にいるのはパル。いつもパルシリアスは一緒にいるので一安心です。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル、シリアス、アテネ

もちろん飼育下四世バンドウイルカの男の子のアテネもいますよ!
境目の向こうが気になってしょうがないお年頃です。



そして右側奥のブリーディングプール。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのマリン

ちょっと出番が少なめのバンドウイルカマリン
元気が余ってるのか、ビュンビュン泳ぎ回ってました。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアザミ

アザミはいつもと変わらない感じでした。
ですが、マリンと一緒に泳いでたのが新鮮で印象的。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック、ハナゴンドウのビーナ

仲良く泳ぐバンドウイルカ最年少のピックハナゴンドウビーナ
2頭一緒だとラヴリィっぷりが爆発的に跳ね上がって破壊力抜群。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック、ハナゴンドウのビーナ

もう夜も更けたし、このままここに泊まっていきたい。 (*´∀`*)
ピックは夜になっても元気にジャンプしてたりしましたが、案外夜型なの!?
それともやっぱり、この夜だけは特別だったんでしょうか。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミュー

ところでピックのお母さんのミューに関して意外な発見。
ミューは目の上から頭頂部の鼻にかけて、帯のような模様があるのですが、いつもは黒い線のように見えるのに、このときは白っぽく見えてる・・・夜だから!?

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミュー

白いよね~、どう見ても。照明のせいなんでしょうか。
色々あったこの夜で一番の不思議でした。


カマイルカ(鎌海豚)
[学名:Lagenorhynchus obliquidens][英名:Pacific white-sided dolphin]

バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

ハナゴンドウ(花巨頭)[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1822-98452ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。