新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/15(土)22:00
2010年05月の「えのすい」テーマ水槽:
こどもの日~鎧や兜を纏った生物たち~ その2


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゴシキエビ

ゴシキエビ(五色海老)[学名:Panulirus versicolor]

相模湾以南の南日本に分布しているイセエビの仲間。
広い水槽を1匹で占拠してますが、それでも触覚を目一杯展開するとかなりの広範囲をカバー。その割には本体は意外に華奢です。

触覚は案外折れやすいそうで、敵が折れた触覚に気を取られている隙に逃げ出すこともあるんだとか。触覚の根元には音を出す仕組みがあって、つかまれるとギィギィ鳴らして威嚇します。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゴシキエビ

今年の初めにテーマ水槽に登場していた大きくて立派なゴシキエビより、小さくて色が鮮やか。多分、若いんだと思いますが「発見の小窓」水槽にいた個体が成長したのかもしれません。

夜行性で昼間は暗い岩陰などに潜み、夜になると貝やウニなどの獲物を求めて動きはじめます。夜中の水族館でもギィギィという音が鳴り響いて、ちょっとホラーめいた雰囲気になるそうな。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ゴシキエビ

下から見た図。甲殻類ならではのケレン味がカッコいいですが、よく見ると怒った顔をいい加減に落書きした風。

細かい質感も、青い絵の具で適当に彩色した陶器みたいな感じ。
脚の塗りとかが絶妙にヘタクソなので、かえって自然の造形なのが不思議。

イセエビの仲間は鎧兜で身を固めた武士をイメージさせるため「具足海老」とも呼ばれるそうです。具足は日本の鎧兜のことですね。
なるほどゴシキエビも豪華で美しい鎧兜を纏ったようですが、裏地にまでは気が回らなかったのかも。だけど、そこもまたいい感じ。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1813-6a48f17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。