新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/03(月)21:00
新江ノ島水族館(えのすい)では、4月23日に「相模の海ゾーン」がリニューアルオープンしたのは度々お伝えしているところです。
せっかくこういうブログなので、その内容を網羅的に何回かにわたって、腰を落ち着けてじっくり紹介していきたいと思います。

新江ノ島水族館(えのすい)相模の海ゾーン

本館に入ってすぐ記念撮影コーナーとなりの壁面に、今回のリニューアルのコンセプトを指し示す重要なパネルがあるので、ご覧になってください。

相模湾に生きる生物を展示して見せるということから、更に一歩踏み込んで、最近の企画展示で培った情報も活かしつつ、地形や海流や人との関わりなど、相模湾を取り巻く様々な要素を俯瞰で捉えて生態系=Ecosystem全体を浮かび上がらせる重厚なコンセプトになっています。

“えのすいeco”活動の根幹を担うと同時に、相模湾を通して世界の海を知るという追求しがいのあるライフワーク的な内容で将来的な発展にも期待を感じます。

新江ノ島水族館(えのすい)相模の海ゾーン

さらに、その隣には雄大な相模湾の夕景が壁一面を飾っているので、ビジュアル面でも相模湾を再発見してください。

新江ノ島水族館(えのすい)相模の海ゾーン解説板

こちらも刷新された解説板の統一フォーマット。コンパクト化され1段に2種の生物の表示ができるようになって、単純に情報量を2倍にまで引き上げます。

その代償としてデザイン性は皆無になり、文字が小さくなって視認性が低くなっていることは否めません。
特に学名の文字は小さく、書体も横棒のエレメントが細いものになっているので「c」と「e」など、かなり識別が難しくなっています。そこだけは改善希望。

その他の点では、写真の最下段のように植物までも紹介できるようになっているので、生態系全体を展示するコンセプトに合致していて相性も極めて良好。
取り回しも以前より軽くなってそうなので、レスポンス良く新生物の解説板が設置されたり、いままで紹介されていなかった生物の掲示にも期待。

新江ノ島水族館(えのすい)相模の海ゾーン命のモニュメント

ちょっと入り口に戻って、すでに紹介した新設置の「命のモニュメント」ですが、発電床を足踏みすると作られた電気で点灯するのは、モニュメント背景のLED電飾です。

写真だとあまりよく分かりませんが、黒い膜部分に小さいLEDが数多く着いていて発生した電気に合わせて点滅します。ぜひ足踏みしてください。



見た目の派手さだけでなく、土台のコンセプトまでどっしりと生まれ変わった新生「相模の海ゾーン」です。
目に映る魚たちの奥にさらに広がる世界を感じ取ってください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1776-89b5cc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。