新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/28(水)23:00
2010年04月の「えのすい」テーマ水槽:
なまえのふしぎ その6


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽カスザメ

カスザメ[学名:Squatina japonica]

不思議な名前界でも指折りの不憫さを誇るのがカスザメ。大の大人が他人を指さしてカスなんて言っちゃいけません! 本当に失敬だ! ヽ(`Д´)ノ

名前の由来には諸説あるようですが「使い物にならない」という意味には到底思えないほどの数々の特長を備えているサメ。

サメなのに前側に口が付いていて、エイのように平べったく、背びれも尾びれもむしろ邪魔と言わんばかりに横に畳むような構造という特徴的な外見。海底に一体化して身を潜め、獲物が通りかかると超瞬発力で反応し、海水ごと丸呑みです。

上の写真は今月上旬の2匹編成のときのもの。実は奥にもう一匹いるんです。
完璧なカモフラージュです。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽カスザメ

そして、カスザメの体表の皮は超ザラザラの超鮫肌。
昔から刀の柄に巻いて滑り止めにしたり、ヤスリにしたり、果てはワサビを擦りおろす道具に使われるなど超有用。

それに加えて、実は食べるとすごく美味しいらしい。
そのため南米では大規模な漁が行なわれているんだとか。

う~ん、本当にどこがカスなのか分からない。底にいるからカスなのかな?

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽カスザメ

カスと言われて自分を見つめ直すカスザメの図。元気出せよッ!
名前は微妙だけど、とても立派な生物だよ! そんなに落ち込むなよ! な、カスッ!
って、励ましにくい・・・。(´Д`;)

そんなカスザメですが、英語圏に行くと途端に「Angel Shark =天使のサメ」に!
パァアーーーッ! (‘∀‘ ) 希望が見えてきたヨ!

それにしても天国から底辺までの凄まじい落差は何?
だけど「天使」はさすがに持ち上げ過ぎな気がするので、こちらの語源もかなり謎。

やっぱり正当な評価って大事だね。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1762-86af542b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。