新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/25(日)21:00
えのすいウミタナゴの赤ちゃんが産まれたとのことなので見てきましたよ!

新江ノ島水族館(えのすい)ウミタナゴ

ウミタナゴ[学名:Ditrema temmincki][英名:Japanese sea perch]

場所は本館入口から相模湾大水槽の2階を抜けて最初の「海中の森水槽」です。
左上の銅色の魚が、大人のウミタナゴ
写真下側に写っているだけで8匹の小さい赤ちゃんがまとまって行動しています。
4月18日に初めて姿が確認されて、なんと11匹もいるそうですよ。
体長はすでに4cmほどの大きさになっています。

新江ノ島水族館(えのすい)ウミタナゴ

ところで魚って卵から孵るのに、そんなにすぐ大きくなるものなの? という疑問が湧いてきますが、実はウミタナゴは卵胎生の魚なんですって。
つまり、産卵時に卵を放出せずに、お母さんのお腹の中で卵を育て、赤ちゃんが孵ってから産み出されるという習性を持ってるんですね。
最初からこのぐらいの大きさだと危険も少なそうで安心です。その分、一度に出産される数は少ないんでしょうか。

普通といえば普通の魚のウミタナゴですが、体表に光が反射してとてもキレイで、魚の美しさの基本を体現した魚らしい魚です。ましてや生まれたばかりの愛らしさが伴ってとてもステキ。元気に育って欲しいです。
ぜひウミタナゴの赤ちゃんをご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1755-97ad1c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。