新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/23(金)21:00
えのすいのペンギンプールでは、約1ヶ月前に2羽のフンボルトペンギンのヒナが孵化。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタ、ヒカル

手前にいるのは、片方のヒナのお母さんウタ(緑青タグ)で、休憩にやってきたものの巣箱の方向を気にしてます。
エサをあげたり、ガードをしたり、精力的に活動して子育てに余念がないウタなので、ちょっと疲れているようにも見えます。

後ろから心配そうに見つめているのはヒカル(白タグ)。
というか巣箱にまとわりつくので、ヒカル自体もウタの心配の種の一つです。
(タグ=翼の付け根の色違いの識別標)

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタ、ポー

巣箱周辺をブロックしてもらいながら、エサをもらいます。
ヒナには親からエサを与えなくてはならないので、なりふり構わずがっつくウタ
お父さんのポー(灰黄タグ)は巣箱の中でヒナを守りながらエサをもらってます。

ウタは子育てが初めてなんだそうです。
なので勝手が分からず、ポーの留守中でもヒナがエサを欲しがるとヒナを1羽残して巣箱から出て、エサをもらおうとしてしまうこともあるそうです。
もちろん、必ずどちらかの親がヒナについていなければ危険なのでNG。

そのため、このような形でエサをもらっているのかもしれません。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタ、ポー、グー

グー(青タグ)をつついて追い払うウタ
ちょっと神経質でグーが気の毒なくらいですが、ウタも一生懸命やってます。

気苦労が絶えないウタですが、初めての子育てでなおさらなのかも。日々、経験を積んでお母さんとして成長していっているに違いありません。
ヒナも順調に育ってるし、あまり気を張り過ぎずに頑張ってね。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1746-f8122309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。