新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/14(水)21:30
ヒナのおかげでえのすいのペンギンプールに入り浸りでなかなか抜け出せません。
写真も多過ぎで整理が追いつかないので、ヒナの話題はまた次回。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカル

今回の主役はフンボルトペンギンヒカル(白タグ)です。
(タグ=翼の付け根の色違いの識別標)

昨日の記事でも紹介したように、モンチさん(黄白タグ)の子供で、アカリ(緑タグ)は一緒にいることが多い仲良し兄弟。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカル

叫び声を上げるヒカル。ペンギンは見た目に反して、結構なダミ声です。

最近はヒナを産んだ親鳥を中心に大きな鳴き声を上げるのが、流行ってるような気がします。といってもヒナが孵ってから、個人的にペンギンプールにいる時間が飛躍的に伸びたので、そのせいかもしれません。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカル

堂々としていて強そう~。
実際にヒカルは兄弟のアカリと一緒にペンギンショーの「ペンギンストーリー」でも大暴れ。エサの魚争奪戦でも、たくさん獲得して上位に食い込むことが多いです。

胸からお腹の白い部分に、黒い点が多いのがヒカルアカリの共通した特徴。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカル

最後にもう一度叫びます。
首の周りがかなりフレキシブルに伸びたり縮んだりするので、案外印象がコロコロ変わります。上の写真と比べると、アゴの下の白い部分がものすごく伸びてるのが分かると思います。



ヒナの様子が気になって、いつまでも居続けてしまうペンギンプールですが、せっかくなので、たくさんいる仲間のペンギンたちにも注目してくださいね。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1724-fbfd0ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。