新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/10(土)21:00
えのすいの相模湾大水槽で最大の生物といえば体長約2mのシノノメサカタザメ
体の下にコバンザメを引き連れながら泳ぐ姿は、ミサイルか爆弾を積載した宇宙船みたいで相当にカッコいい。(`∀´)b

ちなみにシノノメサカタザメは、実はサメではなくてエイの仲間。
そしてコバンザメも、実はサメではなくて普通の魚類。名前は不思議です。

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽シノノメサカタザメ、スギ

シノノメサカタザメ(東雲坂田鮫)[学名:Rhina ancylostoma][英名:Shark ray]
スギ(須義)[学名:Rachycentron Canadum][英名:Cobia]

現在、相模湾大水槽には2匹のシノノメサカタザメがいます。
水底で休んでいる体長約2mの大きい方と、その左上の方を横切っている約半分の体長の小さい方です。小さい方は色と模様が大きい方に比べてはっきりしているため、形以外はかなり異なるのでパッと見では違う生物に思えるほど。

そして手前に2匹いるのはスギという魚。
吸盤はありませんが、コバンザメに良く似た体型と習性を持っています。
体長はコバンザメより大きくて、ご覧のように小さいシノノメサカタザメと同じくらいなので1m前後あるのではないかと思います。

スギは大きなシノノメサカタザメホシエイに寄り添うように泳ぐ姿がよく見られますが、小さいシノノメサカタザメには満足できない様子。

だからといって水底で休んでいる大きい方のシノノメサカタザメの下に潜り込もうとするのは、ちょっと強引なんじゃない。(^∀^;)


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは☆

私にはシノノメサカタザメの気持ちがよーく分かります。
なぜならうちのシュウも強引に私の膝に乗ってくるからです。

しかし、強引かつさりげなく、日常的に乗ってくるので、「いつの間に乗ったんだ!?ΣΣ(゚д゚lll)」ということが本気であります。
きっとシノノメサカタザメもそういう感じだと思います。

親近感!(*゚∀゚*)
2010/04/11(日) 01:27 | URL | さくらなえ #S8wqFtGA[ 編集]
Re: タイトルなし
さくらなえ様、こんにちは。
ありがとうございます。

む、むしろ乗って欲しい・・・(*´Д`*)

スギはくっついてると、おこぼれにあずかったりで得するのに、
シノノメサカタザメは何も得をしない片利共生という形ですが、
シュウさんが膝に乗ってきたら、和むし、暖かいし、しあわせだし、
両方が得をする相利共生になると思います。

いいなあ。(*´∀`*)
しかし日常的だと、やはり重くて大変でしょうか。

コメントありがとうございます。
2010/04/11(日) 22:00 | URL | ゴウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1714-d01cd36d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。