新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/30(火)21:00
えのすいの今上陛下のご研究コーナーの通常はクラゲがいる水槽にいるヒメオコゼ

新江ノ島水族館(えのすい)ヒメオコゼ

ヒメオコゼ(姫虎魚)[学名:Minous monodactylus]

珍しく全身が見えている上に、かなり手前まで来ていたのであらためて紹介。

魚なのになぜクラゲ用の水槽にいるかというと、体の表面にウミヒドラ科の一種というクラゲの仲間が付着しているから。
写真で産毛のように見えているのがそうです。

付着したクラゲは成長すると本体部分だけが分離して、大人のクラゲとして浮遊しながら旅立っていきます。

新江ノ島水族館(えのすい)ヒメオコゼ

そして、水槽の壁に付着したイソギンチャクのようにも見える生物は、このクラゲとどういう関係があるのかも謎。増えたり減ったりしているようなので、結構頻繁に清掃→繁殖を繰り返しているのかもしれません。

かなり変わった生態を丸ごと展示していて、貴重で希少な状態を継続中。
ぜひ春休みにご覧になって見聞を広めていただきたいおすすめの展示です。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1688-d00ff99b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。