新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/19(金)21:00
2010年03月の「えのすい」テーマ水槽:
さくらのたより その4


残念ながら展示は終了していますが、オニダルマオコゼを紹介します。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼ[学名:Synanceia verrucosa]

昔々、春になり山ノ神が田んぼに降りてきたときのお話。
田んぼに入ろうとしたまさにその瞬間、山ノ神は水面に映った自分の顔を見て大層自信を無くして、社に閉じこもりなさってしまいました。
困った村人たちは一計を案じ、おかしな顔をした魚のオコゼ(またはカサゴ)を奉納して機嫌を直してもらうことにしました。山ノ神はオコゼの顔を見てすっかり上機嫌。田んぼに入り豊饒の神様になられましたとさ。
めでたし、めでたし。

というように残念なご面相の代名詞キャラとして昔話に起用されている気の毒なオコゼの仲間たちですが、まあ確かにそれもちょっと納得のオニダルマオコゼの顔。
だけどそこが他の魚に比べてキャラが立っていて、逆にいい感じです。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽オニダルマオコゼ

かなり大きい胸びれも特徴。

山ノ神もこの魚では笑わないでしょうとのこと。
大きくなると体長は40cmほどになりますが、展示になっていたのは手乗りサイズのちっちゃいオニダルマオコゼでかわいいとも思っちゃいますが、背びれに超強力な毒を持っているので要注意!

さらに自然界では岩に擬態したり、海底に半分潜ったりで隠れるのも得意。
うっかり踏んづけると毒が危険なので、充分に気を付けてください。
毒か擬態かのどっちかだけでいいんじゃないかなぁと思うんですけどね。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
オニダルマオコゼの展示は終了しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1645-30cb4dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。