新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/14(日)22:00
えのすいのペンギンプールでは、2組のフンボルトペンギンのペアが卵をあたため中で、次の連休ぐらいから順次孵化の予定!
そんな卵に興味津々なのが、えのすい最強の仲良しペンギン兄弟のヒカル(白タグ)とアカリ(緑タグ)です。(タグ=翼の付け根の色違いの識別標)

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカルとアカリ

遠く視線の先には、ジャンボハクのペアが繁殖に専念できるように仕切られた区画があって卵が温められていますが、水中も地上も壁に遮られているのでそちらに行くことはできません。

となれば、目指すのはもちろん・・・クルリッ!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカルとアカリ

ポーウタの卵だッ!

ポーウタの巣穴はペンギンプール中央のみんなが通れる場所にあります。
なので他のペンギンたちも近付ける環境で卵を温めています。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカルとアカリ

オスのポーが卵を抱いているところを、のぞき込むアカリヒカル
そっとしておいてあげなよとも思うんですが、やっぱり好奇心が刺激されるんじゃないでしょうか。このときはメスのウタが休暇中のため、警備が手薄。

といっても別に攻撃するというわけではなく、見ているとアカリがしきりに卵を抱きたがってるような印象。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのヒカルとアカリ

こっちの巣穴が空きになってるから、ここで卵を温めたいとアカリは思ってるのかもしれません。最近しょっちゅうこの場所にいて、ペンギンショーの「ペンギンストーリー」の最中に入っていることも。
それも含めて興味の対象が変わったためか「ペンギンストーリー」での活躍がちょっと減ってるアカリです。

次の週末の連休ぐらいから徐々にヒナたちが孵る予定なので、アカリヒカルと同じくとても興味津々で見守りたいと思います。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1631-207cf999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。