新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/10(水)21:00
えのすいの相模湾大水槽2階部分からショウサイフグを紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)ショウサイフグ

ショウサイフグ(潮際河豚)[学名:Takifugu snyderi][英名:Vermiculated puffer]

本館に入ってすぐ相模湾大水槽2階部分の2番目のブロックに数匹います。
グリーンの目と細かい斑点模様がとても美しく見えます。

漢字で「シオサイ」と書いて「ショウサイ」と読むところがフェイントっぽいんですが、字は「潮騒」ではなく「潮際」なところが、さらに引っかけっぽいので注意。



ショウサイフグはトラフグ属に含まれます。この属の学名は、なぜかトラフグ属の一種のタキフグの名前を冠したTakifugu-で始まります。

えのすいで展示中のトラフグ属の仲間はショウサイフグの他、トラフグヒガンフグアカメフグシマフグクサフグなどがいます。

いずれもフグ毒=テトロドトキシンを持っているので、免許を持っていない普通の人が調理することは絶対に避けましょう。特にショウサイフグは釣りの対象としても人気があるので、釣れたからといって素人が料理して食べないように注意!

ショウサイフグも食用にされますが身が水っぽく、最高級とされるトラフグよりかなり味も落ちるとの評価。その分、価格も安くて、そこそこ流通しているようです。



成長すると体長30cmになるので、ここにいる15~20cmぐらいのショウサイフグはまだ若いのかもしれません。
トラフグの70cm、クサフグの15cmと比べると、トラフグ属の中ではショウサイフグは中型と言えると思います。

フグの中では落ち着いていて、どことなく品のあるたたずまいが魅力。
そんなショウサイフグにも注目してみてください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1620-fe34a69c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。