新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/12(金)21:00
えのすい深海コーナーの日光海山を紹介する水槽には、個性的な面々が揃っています。

新江ノ島水族館(えのすい)深海ネッスイハナカゴ属の一種

ネッスイハナカゴ属の一種[学名:Paragiopagurus sp.]

このネッスイハナカゴ属の一種は日光海山の化学合成生態系に生息している生物。
甲殻類というと意外な気がしますが、蔓脚類に属するフジツボの仲間。

熊手のような「蔓脚」を使って、エサとなる微小な生物を水中からすくい取ります。
写真でも中央やや左にタンポポの綿毛のように見えているのが、ネッスイハナカゴ属の一種の本体から出ている蔓脚です。
本体は殻の中に収まっているのですが、殻自体も1cm弱ぐらいの大きさなので、フジツボとしてもさほど大きな種類ではありません。

じっと見ていると蔓脚が出入りする様子が観察できるかも知れません。あまり派手ではありませんが、とても興味深い生物なのでご覧になってみてください。



JAMSTEC=海洋研究開発機構の研究調査船「なつしま」を母艦とした無人探査機「ハイパードルフィン」によって、2009年4月10~21日の深海生物調査(NT09-05)で北部マリアナ諸島海域・日光海山(東京から南に約1300kmの国境付近)の水深約460mから採集されました。



そんなJAMSTEC×えのすいの企画展&写真展が現在好評開催中。こちらのイベントでも深海生物たちの不思議な生態にグッと迫っていますので要注目です。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1520-98f028dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。